Top > 本校の紹介 > 教育理念・教育方針

教育理念・教育方針

教育理念

「人間の尊厳」と「人間愛」の精神が学生ひとりひとりに根づき、変化し続ける社会の中で看護を実践するための基礎的能力を培います。人々の健康と幸福な生活の向上を目指し、医療・福祉・保健が三位一体となった中で、専門職業人として地域医療に貢献できる看護師を育成します。

教育方針

  • 学生が「学びがい」が見出せるよう内的動機づけを行い、目標に向かって自己成長していく過程を支援する。
  • 個別のレディネスに応じた細やかな指導に心がけ、学生がもっている潜在能力を引き出し、最大限に発揮できるよう働きかける。
  • 学生が自己の課題を解決する事ができるために「学び方」が身につく学習支援体制を整える。
  • 全ての学生が機会均等に学ぶ権利を保証するための環境を整える。
  • 教員は誠実、真摯に学生と向き合い信頼関係形成に努める。

将来看護師になりたいと夢と志しを抱き入学してくる学生に対し、私達は、現代の若者達の背景や特徴を理解しありのまま受け入れ、学生個々を一人の人格を有する人間として尊重し、教育倫理に基づいた関係の構築を基本姿勢とし、目標に向かって自己成長していく過程を支援していく。

期待する卒業生像

  1. 看護の対象である人間を、身体的・精神的・社会的な側面をもつ統合された存在であることが理解できる。
  2. 様々な健康レベルにある対象に、科学的思考に基づいた看護を実践する基礎的能力が養われている。
  3. 自ら他者の思いを受容・共感できる豊かな人間性に育ち、対人関係が築ける。
  4. 保健・医療・福祉チ-ムにおける看護師の役割と責任を自覚し、チ-ムの一員として協働できる能力が養われている。
  5. 倫理観に基づいた専門職業人として規律を重んじた自覚と責任のある行動がとれる。
  6. 看護の実践力を向上させるために、主体的に学習に取り組む姿勢が身についている。

学習面でも生活面でも、しっかりとサポート。


校長・副校長・保健師・助産師有資格者をはじめ、各領域別看護学担当教員10名が教育に携わります。教育経験や臨床経験の専門性を活かし、各看護学を担当しています。また、専任教員は教育のほか学校組織の一員としての役割を果たします。校務分掌では教務係、学級係、研修係、実習係に分かれ、重点目標を掲げて教育の充実を図ります。

本校の紹介

School introduction