Top > 本校の紹介

本校の紹介

三草会設置理念の精神

教育理念・教育方針

学校自己点検・自己評価報告

学校関係者評価結果

本校は、平成29年4月1日に開校した3年課程(昼間)の看護師養成校です。
社会医療法人と社会福祉法人のふたつを併せ持つ三草会の理念を継承し「人間の尊厳」と「人間愛」を教育理念の柱としています。
教育の特色は、少人数制指導、オフィスアワ-の設定、教員個々のメ-ルボックスの設置、各学年における学力対策・国家試験対策、初年度教育(看護学の学び方、講義ノ-トの作り方、レポ-ト作成)など卒業時に求められる水準を修めるために、学習支援体制を整えて組織的に組み入れています。
看護を取り巻く社会の動向をみますと日本の少子超高齢化の進行に対応するために、新たな看護の提供体制のあるべき姿の根幹に「地域包括システム」の構築が進んでいます。それは、医療・介護・予防・住まい・生活支援が地域の中で確保・提供できるシステムです。自立して暮らせること、たとえ病気になっても早期に退院し社会復帰できること、そして重度化・重症化を予防し住み慣れた地域で最後まで暮らし続けられるような社会を実現させる事をねらいとしています。
それは「疾病を治す医療」から「暮らしを支える医療」へと看護の場も大きくシフトし、「看護の質」も以前に増して人々の「暮らしの質」を左右する時代を迎えようとしています。
今後さらに看護師は病院や施設だけでなく地域の特徴を踏まえ、専門多職種との連携・協働は欠かせなく、様々な資源を活用しながら、地域の人々の健康と生活を支える専門職としての役割と力量が一段と求められます。
看護は人の生老病死に携わるお仕事です。それらの尊い場で働く看護師になるために修得すべき学習内容は盛り沢山で、困難な課題に多く遭遇し決して平坦な道ばかりではありません。修得すべき学習や多くの課題を克服できるために、本校の特色や教育理念を反映しアドミッションポリシ-を掲げております。
教職員一同、皆さんと誠実・真摯に向き合い「看護師を目指す」目標に向かって自己成長していく過程を、全力で支援していきます。
是非一緒に学び、本校の伝統を共に創造していきましょう。

三草会札幌看護専門学校

校長 吉田 真弓

本校の紹介

School introduction

  • 校歌 ※クリックしていただくと、
    校歌をお聞きいただけます。